スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・クロワゼ・パージュ2000

 
シャトー・クロワゼ・バージュ Chateau Croizet Bages            
5 級 PP格付外 AOC ポイヤック

バージュは地名。バージュの丘に所在クロワゼ兄弟(書記官と公証人) が所有していた。
エチケットのメダルはパリ万国博等の入賞メダル。

畑 面 積   30ha
年間生産量  15万本
隣 接 畑   ランシュバージュ
オーナー   ジャン・ミシェール・キエ~Jean Michel Quie
         1942年に父ポール・キエが取得
作付割合   カベルネソーヴィニヨン60% メルロー32% カベルネフラン 8%
平均樹齢   28年  
植栽密度   8,000本/ha
収   量   55hl/ha
収   穫   機 械(但し、前段の未熟果等の除去作業有り)。
タ ン ク    ステンレスタンク
新樽比率   25%
発   酵   3週間、低温マセラシオン2日。
樽熟成     18ケ月(一部樽内マロラクティック発酵)
コラージュ アルブミン。
濾   過   す る。
特   徴   ポイヤックで最も軽いタイプ。4年から5年での早飲可。
穏やかで柔らかく、フルーティ。ミディアム・ボディと
表記されることが多い。8年以上の瓶内熟成は無理。
香    り   カラント、チェリー、西洋杉、カシス

ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より
2000年 PP86⇒PP87
クロワゼ=バージュは、マルゴーの有名なローザン=ガシーとブルジョワ級ながらも
信頼のおけるベ・ロルム・トロンコワ・ド・ラランドも所有している、キエ家が所有・運営している。
いつ飲んでも思うのだが、ポイヤックで最も軽く、最も早く飲み頃になるワインの1つで、
一貫して期待を裏切り続けている。畑はバージュの丘に理想的に位置し、
樹齢もそこそこで(20年)、伝統的な醸造方法をとっているのだが、
収量の多さがこのワインにがっかりさせられる原因の1つかもしれない。
もっとも、ものすごく深みがあったり壮観なものになることはないにせよ、健全で、穏やかで、
やわらかくて、フルーティなワインで、たいていは4~5年で十分な飲み頃になる。
1990年代半ばにはいくつか出来のよいヴィンテージが現れたのが期待を持てる要素である。
一般的な評価
1994年までは過去の不出来からペデスクローとともにボルドーで最も凡庸な
格付けシャトーと位置付けられていた。1995年以降はよくなってきたが、
それでも格付けにふさわしいものとはなっていない。
最高の出来でも良好なブルジョワ級と同等でしかない。ただし、強調しておくが、
価格は極めて手頃である。2000年のようなヴィンテージのものなら普段用よりはよい。
消費者の興味を引くだけの価値はある。8~10年以上は寝かせないこと。

平均年間生産量:15万本
畑 面積:30ha、平均樹齢:28年、植樹密度:6500本/haおよび8000本/ha、平均収量:55hl/ha
育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスタンクで3週間。
収量の一部は新樽マロラクティックされる。熟成は18ヶ月。そのうち14ヶ月は新樽25%。
卵白で清澄し、瓶詰め時には濾過を行う。
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニョン
チャーミングで、中量級のポイヤックの2000年クロワゼ・バージュは、
甘い果実味や良好な深みはあるが、フィニッシュは短い。予想される飲み頃 2012年まで


歴 史
18世紀の中頃、書記官と公証官のクロワゼ兄弟が近隣のブドウ畑を買い集め、
シャトー・クロワゼ・バージュを作りました。フランス革命中、二人はこの土地を
ジャン・ド・ピュイタラック~Jean de Puyteracへ売り渡し、
1853年にはジュリアン・カルヴェ~Julien Calvéがこの畑を取得します。
この時、シャトー名は「カルヴェ・クロワゼ・バージュ~Calvé Croizet à Bages」と変更され、
1855年の格付けで第5級とされます。

第一次大戦の後、アメリカ人でクラクション社(クラクション~ホーン クラクション を造った会社)
の所有者、ジャン・バプティスト・モノ~Jean Baptiste Monnot が取得し、
1942年にはワイン仲介人(パリとその近郊地域相手のワイン商)の
ポール・キエ~Paul Quiéが購入しました。1968年息子ジャン・ミシェール・キエ氏が引き継ぎ、
2001年からはジャンの子供達デュオ ・ジャン・フィリップ~ duo Jean Philippe と
アン・ フランソワーズ~Anne Françoise の兄弟姉妹が所有しているようです。

~以上、有名どころのワインブログからのコピペです~





クロワゼ1




クロワゼ2




クロワゼ3




クロワゼ4




クロワゼ5



で・・・・飲んだ感じ、なんか、キツイ。
グイグイいけない感じ。バリアがある感じ。
なんていうか、大人の厳しさが感じられるワインです。

ワイン飲み慣れてない頃に飲んだら、ワインの事が嫌いになるかも・・WW


すっごい恐いけど、確かな演技力の塩見三省さんかなぁ・・・
恐い人の役はハマってますもんねぇ・・・・



塩見三省



キャーーー、恐い~~~でも、カッコイイ~~!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミニブログ
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。