スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かんらん」(甘藍)さんに行ってみました。

かんらん(甘藍)って何???実はキャベツの別名だそうです。


こちら、広島風お好み焼きのお店「かんらん」さんは、久万の台の第一病院北の角を
西に200mほどの場所にあります。(三叉路で東向かいにはホンダカーズさんがあります)
周りには畑があり、お店も民家の一角を改築して営業されており、
ホント、のどかな雰囲気が漂います。
なんとなく、大草原の小さな家を連想してしまいますね~~。

こちらのお家はオーナーさんご一家のご自宅、件店舗。
松山の地元企業にお勤めだった御主人、広島への単身赴任が長く、
その時に広島焼きに魅せられて、だんだんと深みにはまっていかれた様子。
御自分の子供たちも独立して、お家も御夫婦二人だけになってしまったし、
好きなお好み焼きで生計を立てられないかと、思い切って早期退職されたそうです。

その思いきりもすごいけど、ついていく奥様はもっとスゴイ!っていうか、エライ!(笑)
好きで始められた方なので、やるからには、こだわった広島焼きを作られています。
まず、店名にもなっている、かんらん(キャベツ)
これは、自家製の無農薬、無化学肥料のきゃべつを100%使用・・・・・
と言いたい所ですが・・・毎年の6~7月頃のキャベツ収穫時期には100%自家キャベツ
らしいのですが・・・現在は、在庫も少なく、ブレンドされているそうです。
(キャベツの収穫時期って決まってますもんね~)
それでも、無農薬キャベツを選んで仕入れていらっしゃるそうです。

あとは、瀬戸内海の「地たこ」を使うこと!
大将曰く「たこ焼きにタコが合うんだったら、お好み焼きに入れてもいいじゃない!」
そりゃ~そうだ!!しかも、瀬戸のタコは美味しいですからね!!
(現在禁漁の時期らしく、11月になったらもっとフレッシュなタコが入るらしいです。)


さあ、では、ご紹介!「かんらん」さんです。


かんらん1



縁側の一角が店舗です。なんか、友人の家を訪ねている感じです。
(○○君~あーそーーぼぉーーー!って言いそうです。笑)

かんらん2



店舗内で自然野菜も販売されてます。

かんらん3



店内はカウンターのみ、7席ほどありました。
あと、丸椅子もお子様用の高い座椅子もあります。

かんらん4



メニューはカウンターに小さいのと・・・

かんらん5



壁メニューもあります。

かんらん6



地タコ使ってますアピール!でも、ちっちゃいなぁ・・・
もっと、堂々と大きくアピールすればいいのに~~(笑)

かんらん7



「民家の一角で営業」・・・うん、たしかに!
自家製キャベツブレンド・・・・ホントは100%自家製でやりたいらしいんですけど、
畑のサイズも収量の問題もあるし、大変らしいです。

かんらん8



では、ハイエンドのタコかんらん780円を焼いてもらいます。
秘密の食材その1、自家製ブレンドのキャベツがたーーーっぷりです。

かんらん9



秘密の食材その2、地タコがキャベツにのりました!!案外多いですね~

かんらん10



続きまして、豚肉~~
そして、秘密の食材その3!フレッシュ生姜の刻みが入ります。

かんらん11



ひっくり返して蒸し焼きに・・・
この時、絶対押さえつけません、周りの形は整えますが、絶対おさえつけないんです。
大事な事なので、2回書きましたよ。(笑)

かんらん12



中華ソバは奥様の係。

かんらん13



茹でて、焼き広げます、この時に何やら秘密の液がかかります。
なんでしょう?・・・秘密の調味料その1、それは、どうやら出汁のようです。

かんらん14



できました、タコかんらん焼き!

かんらん15



こんもりとドーム状で、そこはかとなく上品なお好み焼きです。

かんらん16



見て!!この見事なソバとキャベツのミルフィーユ状態。
たこちゃんは、ミルフィーユの崖から転げ落ちました。ww

かんらん17



車で行ったので、ノンアルコールビールテイスト、270円でかんぱーい!!

かんらん18



うん、見た目の通り上品です。ソースは愛媛ではめずらしい、
秘密の調味料その2、カープソース!
甘めのソースをチョイスしましたが、これが、このお好み焼きには良く合います。

ビールを飲むには、もう少しパンチが欲しい所。
そんな時には一味唐辛子をちょこっと振ってみるのも良いですし。
ニンニクをちょこっと入れてみることも可能なようです。(好みの問題ですが僕は好きです。)


秘密の場所の、秘密のお好み焼き屋さん。休日の午後に隠れてみるのも良いかもしれません。



美味しく頂きました。ごちそうさまでした。






関連ランキング:お好み焼き | 衣山駅







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お好み焼き

岡山県出身の私は子供の頃からお好み焼きを食べに行っていました。
小さなお店で鉄板の廻りに座って作る所からじっくり見ます。
小麦粉を薄く伸ばすとどうしても大きさが一緒では有りません、あっちの大きい方が自分の所へ来ればいいななんて考えながら見続けます。
魚粉を振ってキャベツを乗せて豚肉を薄く広げて乗っけて、最後に少し生地をかけてしばらくしたら上手に裏返し大きなコテでぎゅうぎゅう押さえつけて薄くなったお好み焼きをひっくり返してソースを塗り青のりをかける。
たまに家から持って行った卵を入れてもらう事も有りました。
このように広島のお好み焼きと何も違わないのに広島の方ばかり有名になって岡山県人の私は少しひがんでいます。
いずれにしても昔はお好み焼きは押すのが常識だったのです、広島ではお好み焼きを押す為の少し重めの鉄の専用道具まで有ります。
でも最近は最近はこちらの様に押さない派も出ていますね。

Re: お好み焼き

MOSCAT様、いつもコメントありがとうございます。

お好み焼きを押すメリットとして、均一に早く焼けるというのがある気がします。
今回の押さないお好み焼きは完成までに15分ちかくかかりました。
焦げないようにするためには火力を調節してゆっくりと蒸し焼きにしなければならず、
一個一個のお好みを注意しながら焼く必要があるような気がします。
対して、押すと、火力が強くなくても均一に焼く事ができ、
数枚のお好みを同時に焼けるのではないかと、想像します。
また、焼きあげまでの時間も短いのではないでしょうか。
どちらにも、メリット、デメリットがあるように思います。

所でソースは、広島ですと、おたふく、カープ、ミツワ(ヒガシマル)、センナリ
三原では、テングソースなどが有名らしいのですが・・・
岡山にも3大ソースってのがあるらしく、
トモエソース(とら醤油)、タイメイソース、タテソース、ってのがあるらしいです。
地元の方大絶賛の岡山のソースでお好み焼きを食べてみたいですね~~

参考:http://blogs.yahoo.co.jp/nyaji_777/960906.html

ミニブログ
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。