スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・ポンテ・カネ 2007 頑張った自分へのご褒美に!!

今年も頑張った自分へのご褒美に シャトー・ポンテ・カネ2007を購入しました。

山本酒店さんで一万円までで、美味しいワインを飲みたい! って言ったら、コレを出してくれました。
山本薫さんイチオシのボルドーワインです。

【シャトー・ポンテ・カネの評価】
シャトー・ポンテ・カネは、ポイヤック地区に位置する5級シャトーです。
18世紀の初め、当時メドック知事だったジャン・フランソワ・ド・ポンテは、 ポイヤックに複数のブドウ畑を
所有していました。その後継者が周囲の 「カネ」と呼ばれる土地を買い足し、メドックでも最も広いブドウ畑と
なりました。 当時からワインの品質に関しては高い評価を受けていたのですが、 1855年当時はポンテ家の
末期にあたり、5級の格付けしか得られなかったのです。 その後、有名なワイン商のクルーズ家がシャトーを
建て直して以降は、 2級シャトー並の価格で取り引きいされていた時期もあったそうです。
このクリューズ家は、1974年のワイン大暴落時に、所有していた 【ローザン・セグラ】【ジスクール】
【ディッサン】などを 手放すことになってしまいましたが、このシャトー・ポンテ・カネだけは 娘婿の
ギ・テスロンに売却し、今なおその関係を維持しています。 このシャトーにそれだけの価値を見出していた証でしょう。
このシャトーは、メドックでは珍しい地下熟成庫など、素晴らしい施設を 持っていますが、ワイン作りは至って
伝統的。 近年は、収量制限を行い品種構成を変えるなど、いくつかの改革を行ったことから再評価されてきています。

ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より
メドックの格付けシャトーとしては最大の生産量と、ムートン・ロートシルトの すぐ向かいという人も
うらやむ畑の立地を思えば、 とりわけ高い品質と器量のワインを期待したくなるものだが、
1962~1985年の記録をつぶさに観察してみると、 健全で理にかなったワインではあっても、
興奮と称される、 あの特別な成分に欠けていたことがわかります。
だが、1994年以降、オーナーを見ればわかるように、勢いを取り戻し、 こだわりが表れ始めました。
醸造用のセラーが完全に一新され、あまり出来のよくない槽が出た時のために セカンド・ラベルが導入され、
新樽の比率も高められました。 また、機械による収穫は取りやめられました。
1975年までのオーナーはよく知られたクリューズ社だったが、 同社はポンテ=カネを販売促進になる
1つのブランド名として扱うばかりで、 他とは異なる独特な個性を持つポイヤック産シャトー元詰めワインとは
見えない傾向でした。 シャトー元詰めするようになったのは1972年のことだが、 それまで長年
ヴィンテージも表示しないまま、 いつでもポンテ・カネの名でフランス国鉄にまとめ売りしていました。
だが、1975年には同社がブレンドやラベリングの慣行を無視していることが 裁判で明るみに出て、
同社はシャトーを売却せざるを得なくなる。 それを、著名なコニャックの商人ギー・テスロンが買い取り、
息子のアルフレッドに管理を任せるようになって今に至です。 ボルドー中の人が賛成すると思うが、
注意深く管理・運用すれば、 ポンテ=カネの畑は莫大な可能性を秘めているし、
アルフレッド・テスロンもその難題に応えて、畑とセラーに多額の投資をし、 非常に厳しい選別プロセスを
実施した結果、 1994年以降のポンテ・カネは、メッドクでも有数の成長株となっています。
“シャトーポンテ・カネ”がフランスの代表的ワインガイド「MVF」で 5大シャトーと並び★★★に昇格!!
フランスの代表的ワインガイド「レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス』 の2010年版が発刊されました。
今回、ボルドーでは、“ポンテ・カネ”、“パヴィ”“フィジャック” の 3シャトーが昇格。
計18シャトーが3つ星に選ばれました。
このガイドは世界ソムリエコンクール・チャンピオンの
オリビエ・プーシェ氏らが監修。個々のワインは20点で、 生産者は最大3つ星で評価します。
2010年版では、全仏で56生産者が3つ星を獲得した。 (2009年10月26日 読売新聞)



ポンテ1



ポンテ2



ポンテ3



ポンテ4



ポンテ5



ポンテ6



ポンテ7



ポンテ8



ポンテ9



ポンテ10



シャトー・ポンテ・カネ
非常に飲みやすいです。ポアラー付けて注ぐと、 酸味も渋いタンニンもかなりマイルドになります。
まるで「上善如水」ジョウゼンミズノゴトシです。
するするスルスル飲めちゃいます。 半分ほど飲んだら、ソファーに横になっていい気分で うたたねしてました。
残り半分はゴム栓してエアーを抜いて冷蔵庫へ!

ポンテカネちゃんは・・・・そうですね・・・
背も高すぎず、低すぎず、
グラマラスぎず、かといってヒンヌーでもなく、
派手な顔でもなく、かといって平安顔でもなく、 暑苦しくもなく、冷たすぎず、
しゃべりすぐるわけでもなく、無口なわけでもなく。
それでいてものすごい魅力的な感じ! 穏やかな味、ロースト系のほなかな香り、
ゆっくりと舌に残るタンニン、苺のような酸味。
何と言っても、長く長く残るフレッシュなブドウの香りと味。

そう、例えて言うなら。。。。
弾ける笑顔がとっても素敵なベッキーのようなワイン!
ベッキーーーーかわゆす!!!!

一瞬で酔っぱらって、一瞬で夢の中に入れます。
ベッキーマジックです。酔っ払いベッキーってカワイイんですよ!!(笑)

シャトー・ポンテ・カネ 相当美味しいです!!





1055 投稿者 yukigafuru
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミニブログ
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。