スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルジェド・グリュオー・ラローズ2001ハーフボトル

メドック地方 サンジュリアン2級のセカンドワイン、山本酒店にて購入:2580円

ヴィンテージ2000~2001のフルボトルが WEB価格4500~5000円ほどしますので、
いかに山本酒店さんが良心的かわかります。
山本酒店の若大将から勧められたワイン。メドックでも左岸らしさを感じるワインだと、
セカンドではあるが、元のワインのレベルが高いので セカンドでも十分なレベルなのだそうです。

最近はハーフボトルばかり飲んでいます。一応、甘南備なりの理由があって・・・・
1、一人で飲むのにちょうどよい
2、フルボトルよりは少し割高ですが、種類を多く飲める。
3、ハーフボトルは世界で日本のみの限定。
  なので日本人好みのお酒を飲める。
日本の輸入メーカーがシャトーに特別注文して作らせているのだそうです。
つまり、売れそうなワインのみがハーフボトルになる。だから、ハズレがない!
4、フルボトルより瓶での熟成が早い、フルボトルで15年後ぐらいの飲み頃が
ハーフボトルでは10~12年ぐらいで来るそうです。 (山本さんのうけうりだす!)

と、いうことで、今日もハーフボトル飲みましょう!

サルジュド1



まず、エライ人の評価をコピペします。

まず、見た目だが、黒かかった紫色であるが、色は鮮やかです。
ブドウの香りにロースト香が混じり、サンジュリアンのほのかに香る土壌の香りも大変良いです。
年代にもよるが、香り、味、コクが大変バランスが良い。
これも年代によるが、澱があるので、澱引きのデキャンタを使用していただくと、とても良いかと感じました
これに合う食べ物は、やはり黒毛和牛ステーキが絶対合います!!!
アルコール度数は、表示にあまり意味が無いですが、13%となっております。


シャトーとワインの説明

サンジュリアン、ベイシュヴィル村のグラン・クリュ第2級、シャトー・グリュオ-ラローズのセカンドワイン。
サンジュリアン南部のベイシュヴィル村は、ジロンド河沿いのシャトー・ベイシュヴィルより内陸に入った所で、
シャトー・グリュオ-ラローズは、内陸部の砂礫土壌の高台に位置し、82ha.の栽培面積があり、
カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、マルベックが栽培されている。
栽培されている比率はカベルネ・ソーヴィニヨン57%、メルロ30%、カベルネ・フラン8%プティ・ヴェルド3%、
マルベック(コット)2%。 ブレンドされる割合は毎年異なるが、主要ぶどうのカベルネ・ソーヴィニヨンは40%
から60%の間でブレンドされる。
5種類のブドウをブレンドする事で、力強さを保ちつつ、より複雑性がありフィネスとエレガンスを兼ね備えた
ワインが生まれる。 直ぐ近くの「シャトー・デュクリュ・ボーカイユ」がスパイシーで辛口な特徴を
持っているのと比べると大きく異なるキャラクターがある。
1700年代にシャトーの前身となるドメーヌを、ジョセフ・スタニラ・グリュオ騎士が設立、
その後、ジョセフ・セバスチャン・ラロゼ氏が所有者になった事から、グリュオ-ラローズの名が付いた。
長年、ボルドーの大手ネゴシアン、コルディエ社が所有していたが、現在は、シャス・スプリーンをはじめ、
多くのシャトーを所有する、ジャン・メルロ氏が1997年に買収して所有者となっている。
ロバート・パーカーJr.も傑出と最高評価をしているグリュオ-ラローズは、ジャン・メルロ氏が
オーナーになってから、1ヘクタール当たりの単位収量を減らし、よりテロワールの特徴を明確にすることにより
品質の向上に力を注いでいる。
グリュオー・ラローズが使用するぶどうの平均樹齢は40年、サルジェの平均樹齢は15年それ以外醸造工程は
グラン・クリュもセカンドも同じ。 新樽40%、1年樽、2年樽、3年樽で16ヶ月~18ヶ月熟成。
優良ヴィンテージのサルジェ・ド・グリュオー・ラローズは、グラン・クリュのグリュオー・ラローズに
類似しており、同じ程度の複雑性を持った素晴らしいクオリティでありながら、
手頃な値段で買う事が出来る優れたボルドー・ワインのひとつです。


サルジュド2



サルジュド3



サルジュド4



サルジュド5



サルジュド6



甘南備の感想。
セカンドワインって何の事?って思っていたら、若い樹が付けたブドウを使っているのですね。
(つっても平均15年とか、どんだけ~)
メインのワイン用の樹が平均40年とかスゴク時間がかかってますね。
2代3代と気長にやらないといいワインは出来ないって事のようです。


飲んだ感想は、美味しかった!!
グラスに涙がかなりつくので糖度は高いはずなんですが、飲み口はあっさりしてます。
どっちかと言うと、スッキリかな。香りは穏やかで、控えめ。
立ち上ると言うよりは、ゆっくり香り立つ系。
タンニンはどっしり、だけど苦くは無い、酸味も控えめ、バランスが良いとはこのことか~~!
飲んだ後に残る味も鼻に抜ける香りもゆっくり消えていって後を引く感じ。
花の香りまでは感じませんが、ロースト系の柔らかな香りがすっごくそそられます。

そうですね~~~
コマタのキリリと切れあがった、和装の美人って感じですかね。
懐には、匂い袋を忍ばせていて、すれちがうときに、ふっと薫って、
つい、振り向来たくなる。
でも、そのまま、美しい姿勢で、すーっと歩いていく彼女。
その姿が見えなくなるまで、5分ぐらい固まっている、私。




サルジュド7




また会いたくて、お昼を毎日390円お弁当にして、ワイン代を捻出するのです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミニブログ
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。