スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本格手打ちさぬきうどん 竜雲」さんへ行ってきました。仏様でも食べたいうどん!

うどん県の香川にも観光スポットはたくさんあります。

そこで、うどん県の歴史を探訪する為に、高松藩祖、松平頼重公が復興して代々の菩提寺とされた
仏生山来迎院「法然寺」さんに行ってきました。
松平家の菩提寺の法然寺さんですが、実はうどん県にとっても菩提寺といっても過言ではないのです。
それは・・・法然寺さんのHPによると。
法然寺を開創した頼重公は、同時に門前町を開発し、そこに高松藩中の製麺業者を集めた。
平池の水で水車を回し、小麦粉を挽いて無利子で貸し付け、製麺を奨励した。
お城の役人が出向いての検査・仲買システムもできあがり、仏生山の人びとはみな麺づくりに精を出した。
これが「さぬきうどん」の発祥。うどんが「文化」になる時代を、頼重公はお見通しだった・・・
とあります。

唐の国から「うどん」を我が国に伝えたのは弘法大師空海さんらしいのですが、
「さぬきうどん」まで高めたのは高松藩祖の松平頼重公と言って過言ではないでしょう。

そんな、「さぬきうどん」の聖地、仏生山来迎院「法然寺」さんへイザ!
法然寺さんの正面では阿吽の像が出迎えてくれます。
口が開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)と言うそうです。
えっと・・・・どっちがどっち?えっと・・おぼえてな~いです・・・(笑)

竜雲うどん1



荘厳な五重塔は平成23年1月25日に完成したそうです。スバラシイですね~

竜雲うどん2



では、こちらの法然寺さんの境内にあります
「本格手打ちさぬきうどん 竜雲」さんに入りましょう。
・・・・って、実はそれが目的!(笑)

竜雲うどん4



ごめんください、お邪魔します。

竜雲うどん3



お目当ては、「生醤油中華そば」と「つけうどん」です。

竜雲うどん5



「生醤油中華そば」380円です。

竜雲うどん6



ツヤッツヤの中華めんに・・・

竜雲うどん7



薬味をどばっと入れて、生醤油を回しかけていただきます。
う~ん!!!シンプル・イズ・ベスト!!中華めんの小麦の味が引き立ちます。
また、うどんとは違った旨さがありますね!

竜雲うどん8



こちらは「牛と温玉のつけうどん」600円です。

竜雲うどん9



こちらも、ツヤツヤでコシのある讃岐うどんを・・・

竜雲うどん10



牛肉入りのつけタレにつけていただきます。
わ~お!!ワンダホーー!!これは、ヤバイ!旨い!!
このゴマたっぷりで甘目のタレに、甘いものが大好きな愛媛人である、
ワタクシ、ココロをグワシっと掴まれました。はぁ~~ドキドキします。
ホントに旨い!松山に支店出して欲しいです。(笑)

竜雲うどん11



最初からお膳には、アト飯もセットされてるんです。
いや~~~わかってらっしゃる。
なんと心憎い配慮じゃあ~~~りませんか。

竜雲うどん12



お土産の半生うどんもまた旨し!!!
「牛と温玉のつけうどん」文句なし 「My best dish 004」ですね。
美味しくいただきました、ありがとうございました。
(本気で支店出してくれないかな~笑!)









関連ランキング:うどん | 仏生山駅空港通り駅


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミニブログ
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。