スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「富松うなぎ屋」さんに行ってきました。

福岡県にお住まいの方、あるいは筑後地方にお住まいの方にとって、
「セイロ蒸し」とは「うなぎのセイロ蒸し」のことをいいます。
蒸し料理だからといって、タジン鍋やおこわや肉まんの事を「セイロ蒸し」とは言いません。
それほどポピュラーで当たり前な料理なのです。

久留米と言って連想されるのは、だいたいラーメンですよね。
そりゃ、トンコツラーメン発祥の地ですからしょうがないのかもしれませんが、
でもそれだけじゃない!久留米には他にもイロイロあるんですよ~~~(笑)

芸能人だって、ほら、松田聖子さんだけじゃなく田中麗奈さん、チェッカーズや陣内孝則さん、
そして私の尊敬する鮎川誠さんも石橋稜さんも久留米のご出身です。
東芝の創始者、田中久重さんも、ブリヂストンの石橋正二郎さんも久留米ですよね~
そうそう、久留米はゴムの街なんです。世界のタイヤメーカー、
ブリヂストンの本社も以前は久留米にありました。
靴の月星化成(ムーンスター)も久留米、アサヒシューズも久留米です~靴はゴム使いますもんね。

ブリヂストン久留米本社には石橋文化センターというちょっとした
遊園地とホールがあったのですが・・・・
そこに、水陸両用車のゴーカートがあったんですよ!
外周をまわって最後は池の中を進んでゴールするんですが、ワタクシそれが
とっても大好きで、親にねだって何度も乗せてもらいました。
何十年たっても忘れられない思い出ですね~~~~


大きく脱線してしまいましたが、筑後地方のソウルフード「うなぎのセイロ蒸し」をご紹介します。
久留米市大善寺町黒田地区は筑紫次郎(筑後川)の東側に位置し、
ちょうど佐賀県との県境にあたります。
福岡県側を地名をとって「黒田うなぎ」佐賀県側も地名をとって「天建寺うなぎ」と呼称しています。
地元の人は「だいじぇんじのうなぎはウマカもんね~!ありゃホンナコツうまかぁ~」っていいますね。

今回は「黒田うなぎ」の大御所、「富松うなぎ屋」さんに行ってきました。

富松1



「やまさき」さんとはホントにお隣同士なんですよね~(笑)

富松2



こちらのお店は大人気で、お店の外まで行列出来てます。
お店の暖簾をパチリと撮影・・・ん~~~?なんかモヤってるなぁ・・・なんで?

富松3



駐車場からモウモウと煙が・・・すわっ!火事か!!!!

富松4



いいえ、うなぎが大量に焼かれている煙ですた。
こんな煙の前では平常心なんか保てません、くぅぅ~~~ハラヘッタ!!!
これは、ある意味拷問ですわ。(笑)

富松5



ようやく店内に入れました。荘厳な屋号がお出迎え!

富松6



もちろん、うなぎは国内産。ギソーはないですよ。

富松7



ふう~ようやく席につきました。

富松8



さて、なんにしましょう・・・

富松9



(って特上セイロに決まってるけどね、笑)

富松10



特上セイロ蒸しも特上うなぎ定食もどちらも同じ2415円です。

富松11



定食ってこんな感じです。よくあるうなぎ定食ですね。

富松13



うなぎ以外にも鯉料理などがあります。

富松12



さあ、セイロがくるまでうなぎの骨煎餅でもいただきますか・・・

富松14



ビールのお伴にサイコーです!

富松15


おっと・・・先に蒲焼が来ました。
これはこれで、十二分に美味しいのです!

富松16


そしてついに、真打登場です。

富松17



富松の刻印の木箱の中にアツアツのセイロ蒸しが入っています。

富松18



ジャーーーン!錦糸卵はお約束です。

富松19



蒲焼したうなぎを白飯の上にのせて、それを蒸気で蒸し上げる。
それが「うなぎのセイロ蒸し」です。

富松20



うなぎのたれとエキスをギュギューーーっと吸いこんだご飯が
メチャメチャうまいのです。
定食とか蒲焼ってのはうなぎそのものを食べる料理ですが、
セイロ蒸しはどちらかというと美味しいご飯を食べる料理なのです。

富松21


特上は二階建てです。上だけではなくご飯の中にもうなぎが潜んでいます。
なので、セイロ蒸しのごはんの美味しさっていったら・・・もう・・・・

富松22



昇天しますヨ。


「天に向かって帰る時がきたのだぁ~~~~」
バトルボーォナス~ゲェットォ~~~~って感じです。(笑)
あるいは、レインボーオーラ出ますね!(爆)


筑後地方に行ったら「うなぎのセイロ蒸し」を食べないと絶対後悔します。
はい、コレ、試験にでまーース!(柳川でも久留米でもどっちでも美味しいですね。)




関連ランキング:うなぎ | 大善寺


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うなぎ好きです

でもうな丼やうな重はあまり食べません。
タレの濃い部分がからすぎてちょっとつらくなるからという個人的な理由で、頼むのはかば焼きとごはんの定食。
でもこの柳川地方のセイロはつやつやのご飯に一定の味が染みこんでいてしつこくない味がクセになり、行った折りには食べてしまいます。

Re: うなぎ好きです

うなぎの旨みとタレの味がご飯に浸みこんで美味しいのです。

個人的にはうな重よりもセイロの方が断然好きですね。

若干パンチには欠けるので、若い人はうな重の方が好きかもしれません。
ミニブログ
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。