FC2ブログ

「宮内義正」さんがお亡くなりになりました。謹んで哀悼の意を表します。

宮内義正さん、近代愛媛県史上、愛媛県の偉人にあげられる方。
みかん王国愛媛県はこの方抜きにしては語れないほどの偉人です。
なんでって!それは、愛媛の伊予柑イイ予感!の伊予柑は宮内イヨカンだからです。
宮内イヨカンの宮内は宮内義正さんのお名前から付けられたものです。



イヨカン1




土居中照さんのMONDOえひめから転載
土居中照 MONDO愛媛のホームページ



伊予柑はもとは山口県萩の中村正路が発見した穴門みかんと呼ぶ果物。
伊予という名前がついていても山口県産の果物だったのです。
この果物を松山で栽培するために持ち帰ったのが持田の庄屋の息子、三好保徳氏(1862~1905)。
当時のお金で50円、現在で500万円ほどのお金を出して苗木を購入しました。
萩から持ち帰った苗木は継ぎ木され、近隣の農家へ無償で配られていきました。
三好氏は伊予柑以外にも様々な果実栽培を目論み、梨や桃、リンゴの栽培を手掛け、
果樹園芸の普及に尽力した人物です。本筋とは関係ありませんが、三好氏はハイカラで通っており、
明治30年には自転車を乗り回していました。
当時の伊予柑は実の付きが悪いのが難点でしたが、
三好氏は愛媛の伊予柑特産化の路を開いてくれました。
愛媛の伊予柑が誕生するには昭和40年代の後半まで待たなければなりません。
平田町の宮内義正氏が発見した伊予柑の枝変わり「宮内伊予柑」。
以前の伊予柑に比べて20日ほど早く熟し、皮が薄く実の付きがよく、成りも良いため、
今では伊予柑といえば「宮内伊予柑」を指すようになりました。
伊予柑に伊予という名前がついたのは三好保徳氏と宮内義正氏の尽力があればこその話。
伊予柑ならぬ長州柑や萩柑と呼ばれていたかも知れないのです。




イヨカン2




社団法人農林水産技術情報協会HPより転載

愛媛のかんきつ農業に光をともした宮内義正の宮内イヨカン
松山市郊外の段々畑。遠くに海もみえる農道脇に、樹齢65年のイヨカンの老樹はあった。
「この辺りの枝に、ビー玉ほどの実がなっていたんです。 まわりはまだ大豆粒ぐらいだというのに・・」
宮内義正さんは当時を振り返り、こう語った。
昭和29年の6月。後に「宮内イヨカン」と命名された品種の〈枝変わり〉を見つけた時のことである。
除草の帰り、ふとその枝に目がいったのだという。 サラリーマンから果樹農家に転身してまだ5年、
新鮮な彼の感性がこの大発見につながったのだろう。
そもそもイヨカンの栽培は明治22年にはじまる。
道後の苗木商三好保徳が山口県から導入した穴門(あなど)ミカンがその起源だ。
松山付近で栽培が増え、 はじめ「伊予蜜柑」と呼ばれていたが、
昭和になって改めて「伊予柑」と命名されたという。
もっとも、かつてのイヨカンは香りはよいが酸味が強く、人気もイマイチだった。
栽培もむずかしく、せっかく実がなっても生理障害で落ちてしまう。
「イヨカンつくりは貧乏する」と、農家にも敬遠されていた。

愛媛の空と海に宮内イヨカンの橙(だいだい)色が映える
宮内が枝変わりを見つけたのは、こうした時期だった。
地元の温泉青果農協も優良品種さがしに熱を入れていた時期でもある。
早速、農協や愛媛県果樹試に連絡して調査したところ、在来種より1ケ月近く早生で着色もよく、
豊産性であることがわかった。風味がよく、 酸味が少ないため甘く感じる。
果皮が薄く、種も少ない。農協のすすめもあって種苗登録されたのは昭和41年。
新品種宮内イヨカンが誕生した。
宮内の活動はさらにつづく。農協の協力を得て大量の苗木を生産し、
低価格で仲間の農家に分譲した。ちょうど温州ミカンの生産過剰が健在化し、
昭和43・47年の大暴落を招いた時期である。
これを機に宮内イヨカンに切り換え、危機を切り抜けた農家は多い。
地元の平田地区などは今では全国一の産地となり、 高い評価をうけている。
イヨカンの生産が急増、全国の消費者の食卓に上るようになったのは、
この後、昭和50年代からだろう。その9割が宮内イヨカンである。
平成6年現在、全国のイヨカン栽培面積は1万ヘクタール余り。その7割を愛媛県が占める。
自由化時代の良品質のかんきつとして、地域農業を担う特産物として、
宮内イヨカンに寄せられる期待はこれからも大きいだろう。
それにしてもその原点となった品種改良が、他ならぬ地元の農家自身の手によって成し遂げたとは、
なんともすばらしいことである。
宮内は74才。今も奥さんと二人で1.7ヘクタールのイヨカン園を経営する。
イヨカンが詰まったコンテナを「えっこらさ」と軽トラに積み上げる元気さだ。
「義正サもがんばってるんだ。俺たちもがんばらにゃー」と、近所の農家の励みになっているという。


愛媛県の為に御尽力された宮内義正さんは、現代の義農作兵衛さんといっても過言ではないでしょう。
心から哀悼の意を表したいと思います。宮内義正さん美味しいミカンをありがとう!

愛媛県民栄誉賞ぐらいあげてもいいんじゃないかな~~中村さん!!ねぇ~!!



参考:「みかんのうた」(爆!)



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

そうだったんですね

宮内伊予柑の宮内は、てっきり地名だと思ってました。
知りませんでしたわ。

東京にいた頃、愛媛出身だというと「愛媛の予感、いい予感、だね」と言われ、きょとんとした事もありましたっけ。
えぇ、そのフレーズを知らなかったんです。

地元民は、案外そんなものなのかな?

これからは、宮内さんの伊予柑だと思っていただきます。

Re: そうだったんですね

先日は甘南備亭におこしいただきまして、誠にありがとうございました。

私、現在風邪の悪いウイルスちゃんにやられてまして。弱っております。

こんな時こそ「みかんパワー」で風邪を拭き飛ばさねばと思っております。

はぁ~でも、ヘロヘロ~です。連日の食べ歩きのバチが当たったんだと思います。

しばらくおとなしくしています。また、来年も宜しくお願い申し上げます。

同じく

宮内って、どこぞの地名かと思っておりました。
土居中さんのHP覗いたコトあるのに、読んでなかったんだわー。
あぁ、愛媛県人としてお恥ずかしい。。。(*ノд`*)

愛媛の柑橘界を変えた男。
大義を成しつつ、農家としての生き方を貫いた男。
カッケーなぁ!!!

男ならナニかを成さねば…。そう思うけど、思うだけの私です(涙)。

ご冥福をお祈りいたします。美味しいいよかんを有難うm(_ _)m

Re: 同じく

宮内さんのスゴイ所は、脱サラ組だって事なんですよ!!
って言う事は、何かをなすために、遅すぎるって事はないって事で、
僕らでも何か、歴史に残せるかも・・・・(笑)

えっと、真面目な話、ジンゴズンゴさんのスイーツに対する造詣には感服いたします。
そこで、ブログの内容を書籍化できませんかね~「勝手にミシュラン」みたいな
松山ブロガーの本、第二弾、カフェ、喫茶、スイーツまとめってどう?
マジに考えませんか、エイプリルフールじゃなくって、
よければ、アトラス出版さん紹介しますよん。いかがですか?

アリガトウございますm(_ _)m

私なんぞを高く買ってくれるのは甘南備さんくらいですヨー。
愛媛で知らない店がまだまだ沢山あるし、
あと井の蛙じゃアカンから、他県の味も色々試さなきゃだし。
ホント知識も経験も全然足りとりません。最近特にそれを痛感してるトコロです。

それに、私ごときが本出したって誰も見向きしませんぜー!!www
真面目な話、「勝手にミシュラン」は
ikechanさんという大物ブロガーさんが出したから成功したんだと思いますヨ。

マジに考えるなら、食べルンジャー隊員さんの共同執筆本とかオモシロそうですけど?
それぞれが「これぞ!」という店を数軒ずつ紹介したら、すごい本が出来そうです♪
って、私、食べルンジャー隊員になって無かったわ(^_^;)

是非ご一考を!!!!(*´∀`*)ノ

Re: アリガトウございますm(_ _)m

え?松山タベルンジャー隊に御入隊いただけるのですか?

それじゃ~会員バッジ送らなきゃ・・・

お送りいたしますので、管理人のみ閲覧可能のコメント下さい。

もち、住所氏名は忘れずに~~(笑)
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード