スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伊予の手造りうどん 名代 つるちゃん」に行ってきましたよ。

「伊予の手造りうどん 名代 つるちゃん」さんにおじゃましてきました。

三越近辺をランチ難民のようにフラフラしていたところ、「おや?見たことないうどん屋さんハケーン」
とりあえず、はいってみるべ~と、好奇心旺盛な甘南備は突撃したのであります。(シュタッ!)\(^o^)/


西から三越方面へ・・・赤いバスも見えますね。

つるちゃん1



入口です、んんん、看板デカイです。かなり目立ちますね。

つるちゃん2



「ナントカのおうどん」という表記が多いです。価格は・・・・街中だからなぁ~

つるちゃん4



人気のおうどんでしょうか?別に看板ありました。

つるちゃん5



3玉までは価格据え置きです。これは大食漢にはウレシイですね!

つるちゃん6



ランチタイムは炊き込みご飯サービスらしいです。これは、食べてみたいです!!

つるちゃん3



お店で手打ちのようです。残念ながら打っているところは見れませんでした。

つるちゃん7



皆さん忙しそうです。いや~カッコイイですね。りりしいです。

つるちゃん13



さて、メニューです。

つるちゃん8



ちょっと変わったおうどんのページ。

つるちゃん15



トッピングにカツとか粉チーズとか揚げ餅とか・・・・ふ~ん。
粉チーズぅ~?それってどうなん?かま玉に粉チーズって・・・カルボナーラじゃん!
カレーうどんにかけるのもアリかな・・・

つるちゃん16



クリームのおうどん!!ん~~いつかチャレンジしてみたいですね。
隅にちょこっと「一杯のかけうどんはダメですよ~」ってかいてありました。
でも、お子様ならOKなんですって。
じゃ、一杯のかけうどんはやろうと思えばできるんだ。3玉でお願いします。なんちゃって。

つるちゃん14



カウンターの脇役達です。
なにかとウッディーでオサレーですね。

つるちゃん12



なんだ?このオケは・・・

つるちゃん9



入れすぎに注意!の、とろろ昆布と~

つるちゃん10



天かすクンでしたーー!
いや~オサレーですね。

つるちゃん11



ごぼうかき揚げのおうどん1.5玉炊きこみご飯付きの登場です。
アイヤー!器がでかっ!
なんじゃこりゃ、洗面器かよっ!とツッコミを入れたくなります。(笑)

つるちゃん17



写真では大きさを感じませんね。
ホンマにでかいんですよ、手で持とうとは思いません。(笑)

つるちゃん18




さて、麺ですが・・・・
あくまで、松山うどんです。讃岐うどんではありません。
松山うどんの定義は難しいところですが、
歴史的には今はなき道後の「としだ」さんが基準になるのではないかと甘南備は思います。
(としだの巻き寿司、おいしかったよなぁ・・・)

つるちゃん20



どうゆうことかと言いますと、麺が圧倒的に柔らかいんです。コシは多少あります。
讃岐うどんで鍋焼きを作ったぐらいのイメージです。
博多うどんよりはコシあります。(博多のうどんはホント柔らかいです。)
余談ですが、博多はラーメンだと思われがちですがうどん文化もひっそりとあるんですよ~~
讃岐と博多の中間ってとこでしょうか、地図上も松山はちょうど高松と福岡の中間ぐらいですしね。(笑)
箸で持ち上げても切れませんね。博多うどんは切れることあります。讃岐は絶対切れないですね。
このうどんはふつうのうどんでも麺の周りにグルテン感があります。つまり釜あげっぽいんです。
味としてはとても美味しいと思います。
ただ、讃岐ののど越しに慣れた方にはとても不満かもしれません。
甘南備は思います、ちょっと暴論かもしれませんが・・・
讃岐は麺の喉越しを楽しむ、松山は小麦の味を楽しむ。  うむむ、暴論かにゃ。
ま、あくまで、個人的感想ってことで・・・・スルーしてください。

つるちゃん22



ごぼうのかき揚げだったんです。
でも、バラバラです(笑)
でも、それが、美味しいんです。
博多うどんには必ずごぼう天うどんがあります。讃岐にはごぼう天がないお店もありますね。
その辺も中間っぽいです。(う~んこじつけだ)
うどんに入れても、そのまま添付の抹茶塩に付けて食べても絶品です。
コレ!マジいけますよ。

つるちゃん19



おうどんに入れてもおいしいのです。

つるちゃん23



ダシ汁の事を書きませんでした。
基本、甘いです。みりんっぽいですね!
それと、たまたまかもしれませんが、塩分濃度高めです。甘南備はもう少し塩分控えてほしいと思います。
それでも、ひしゃくですくって結構飲みました。あとで、水もいっぱい飲みましたが・・・
おっと、お昼のサービスの炊きこみご飯です。
大きい具がはいっていてグーなごはんです。これは、塩加減もいい塩梅でしたね。

つるちゃん25



さて、お会計です。
んんん、やはり土地代か、あるいは3玉食べるべきか、それとも営業時間が長いせいか、
う~ん、このへんも讃岐うどんと比較してはいけないところですね(笑)
はい、あくまで、松山うどんですから!その辺を理解して訪れないといけないようです。
最後にお店の店員さんに聞きました。
「松山うどんなんだよね?」
「はい、そうです。」(きっぱり!)
「讃岐とちがうところってナニ?っていうか松山うどんの特徴ってなに?」(う~ん意地が悪い客だ)
「はい、柔らかめながらも芯には腰のあるおうどんと、瀬戸内の魚介を使ったダシが特徴でございます。」
「ふ~んそうなんだ~ありがとう。」(マニュアルでもあるのかな?)
なんだそうです。
マツヤマンに受け入れられるのか松山うどん!楽しみです。

つるちゃん26



さて、食べ終わって気がついたことがあります。っていうか、洗面器みたいに大きな器みたときから思ったんですが。
あれ~なんかTVで見たような記憶が・・・・・
「○○のおうどん」って言う呼び方もなんか特徴的でTVで聞いた記憶があるなぁ・・・

あーーー夏木マリさんのうどん屋さんだ!

で、調べてみました。
夏木マリさんのうどん屋さんじゃなくて、大阪のうどん屋さんを夏木さんがプロデュースして関東進出したんですね!




夏木マリさんプロデュースのうどん屋さん、「つるとんたん」  


以下ウィキペディアから引用。

1978年、レジャー施設を手がけるカトープレジャーグループが、レストラン事業の一つとして大阪府に『麺匠の心つくし つるとんたん』を創業。

カトープレジャーグループさん

現在数店舗を展開しているが、その店舗一つひとつに違ったコンセプト、テーマ、キーワードを持っており、同じチェーン店でありながら立地条件や建物の雰囲気によって独特の店舗となっている[1]。
もともと大阪を中心に展開していた店だっただけに東京進出については視野に入れていなかったのだが、ある時、大阪の店舗の常連であった夏木マリが「東京でも『つるとんたん』のうどんが食べたい」という一声がきっかけとなって、2005年、彼女がトータルディレクターとして六本木店をプロデュースした。



良いお店は似てくるといいますが、なんか似てる気がするんですよね~
コンセプトとか配置とかメニュー構成とか・・・・
クリームのおうどんなんかもどっちもありますしね。
「つるとんたん」さんでは食べたことありませんので味はわかりませんが・・・
カトープレジャーグループさんとタケシカンパニーさんが業務提携してたりして~~
まぁ、美味しけりゃ我々一般ピープルにはどうでもいい事ですね。あはは。
一度、ギロッポンに行ってタンツルトンのドンウ~でもメシってみたいものです。


つるちゃんさんはサンタサンタで有名なタケシカンパニーさんのお店です。

タケシカンパニーさん








いや~今日もお腹いっぱいです。美味しかった!材料をつくってくれた方、獲ってきてくれた方、
そして調理してくださった方、ありがとうございました。
ごちそうさまでした。 (^0_0^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミニブログ
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。