スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「にしきそば」さんに行ってきました。

甘南備の記憶が確かならば・・・
松山(中予)で初めてにしんそばをお客様に提供し始めたのは「にしきそば」さんが最初だと思います。
にしんそばとは・・・
にしんそば(鰊蕎麦)は、蕎麦の上に身欠きニシンの甘露煮を載せたもの。京都発祥の蕎麦とされる。
みがきニシンってなに?磨きにしん???
身欠きニシン(みがきニシン)とは、ニシンの干物のことらしいです。(笑)

にしんそばといえば、全国的には京都の「松葉」さんが有名らしいです。
京都発祥の蕎麦ですもんね~
京都の老舗そば店「松葉」さんのホームページ
http://www.sobamatsuba.co.jp/about/index.html


甘南備が初めて「にしきそば」さんの「にしんそば」に出会ったのは
20年以上前の事であります。
当時は現在のように蕎麦屋さんも多くなく、ラーメン屋さんだって
白濁したトンコツスープのお店なんて今みたいに多くなかったです。
一風堂、りょう花、一興、長浜一番、周平、丸源・・・なかったなぁ
リンガーハットなんて影すら見えず、(でも江南園さんがありましたね!美味しかったなぁ・・・)
愛媛の麺業界は多様性に乏しかったように思います。
でも、今は、愛媛の麺麺、百花繚乱です。
これは、戦前に産まれ、戦中、戦後にひもじい思いをした世代から
戦後に産まれ飽食の時代に育った世代へのチェンジが起きたと思います。
食事は空腹を単に満たすだけのものから楽しむものへ、
教育や文化、医療へも変化しました。(食育、食文化、食事療法)
外食は悪い事からあたりまえの事へ。
晴れの日の外食から普段着へ。
空腹を満たすものから楽しい事へ
単なる食事から病気を予防、治療するものへ。
そして、家族からおひとり様へ。
多様性が増えたのはいろんな理由があるのでしょうが、そこにニーズがあったからに
違いありません。個の時代の象徴かもしれませんね。甘南備、アツいなぁ!(ぷっ笑)

さて~
20数年前、「にしきそば」さんは異彩を放っていた蕎麦屋さんでした。
経営上の理由からでしょうが、一応うどんも扱ってらっしゃいますが、
そば中心のお店でありました。まだ、そば中心のお店って少なかったんですよ。
当時からビッグカンパニーだった○○吉さんがありましたね。
でも、現在のようなコダワリのあるお店ではなかったように思います。
(逆に、○○吉さんの進化はスゴイと思いますヨ。)

いまでこそ、にしんそばってそんなに珍しいものではなくなってきましたが、
当時はかなり珍しかったです。価格も高い方でした。

そんな、にしきそばさんを懐かしく思い訪問しました。
ハイ、前置き長くてスミマセン!(笑)


昔と変わらぬ場所に変わらぬ佇まいで、店舗はありました。

にしき1


店内の様子も・・・

にしき7


20数年前と何も変わってません。

にしき8


メニューも・・・

にしき2


にしき3


にしき4


にしき5


変わっていない気がします。
価格も20数年前と同じような気がします。

にしき6


にしんそばといなりずしを注文しました。(懐かし~)

にしき9


ああぁそうだ、このネギの切り方も昔と同じだぁ・・・

にしき10


にしん・・・甘露煮ですがそんなに甘くありません。
あっさり系です。佃煮みたいにネットリ甘かったら
そばには合わないですもんね~
干し魚だけに、身はホロホロしてます。でも噛むとにしんの味がジュワー~
にしんという魚は脂分が多い魚らしいですが、干してあるとこんなに
あっさりとして、旨みが凝縮するんだ。ビバ乾物!!

にしき11


蕎麦は更科系ですね~

にしき12


白く美しいです。美白美人ですね~

にしき13


おいなりさん。

にしき14


耳があります。(笑)
うさちゃんいなりじゃん!
ぴょーん、ぴょーーーーん!

にしき15


褐色のうさちゃんも
地肌は真っ白なようで・・・
あま~~~いおいなりさんでした。

にしき16


変わらない事の素晴らしさを感じた日になりました。

にしき17


食事終わって・・・懐かしくなって、お店の方にお話を伺いました。

甘南備「久しぶりにきたんですよ~何にも変わってないなぁ~・・」
女性 「そうなんですか、ありがとうございます。」
甘南備「そういえば、大将はお元気ですか?」
女性 「ええ・・・父は元気にはしておりますが、もうお店には出てきておりません。」
甘南備「えっ?そうなんですか?、じゃ、この味は・・昔と変わらない気がするんですが・・」
女性 「いまは、息子が跡をついでおりますので。」
キチンと継承できているんだなぁ・・と感じます。ご家族できりもりされているようです。
甘南備「ところで・・・一つお伺いしたいことが・・」
女性 「なんでしょう?」
甘南備「僕は20数年前ごろ初めてこちらにお邪魔したんですが、その頃にしんそばを出すお蕎麦屋さんって無かったとおもうんですよね。にしきそばさんが松山では初めてなんじゃないかとおもうんですが・・」
女性 「たぶんそうだと思います。私も父からそう聞いています。」

イェー!!やっぱりそうだったんだ。
松山エリアでの「にしんそば」のお初は「にしきそば」さんでした。マル!





関連ランキング:そば(蕎麦) | 牛渕団地前駅梅本駅牛渕駅


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すんません、そばネタなのに、違うトコに食いつかせて下さい。
『江南園』、サラリーマン時代会社が近かったので、週3~4で食ってました。
残業指令が出た時には、『夜食行ってきま~す!』って言って、《黄昏流星群》読んでサボってました。(笑)

ああ、食いたい。
どうすんの、思い出しちゃったよぉ~!!
甘南備さん的に、『江南園』に近いのってドコですか!?

Re: 愛光町あたりに江南園っていうチャンポン屋さんがあったんです。

『江南園』をご存知でしたか!・・・懐かしいでしょ(笑)

まず、江南園に近いチャンポン屋さんは自分の知る限りありません。
スープだけなら、リンガーの野菜たっぷりチャンポンが近いような気がします。
ただし、絶対的に麺が違う!
江南園の麺は長崎から直でのおとり寄せの麺だったので、愛媛では見た事ないですね~
全粒粉の麺とでもいいましょうか、若干茶色~グレーがかっていて黒っぽいつぶつぶが見えてましたね。
噛めば小麦の甘さを感じる麺でした。スープを良く吸っていてそれでもリンガーの麺のように柔らかくはなかったです。全体の味のバランスは本来の長崎チャンポンより若干アッサリ目だったように思います。
トータルバランス的には八幡浜のチャンポンに近かったように記憶しています。(イーグル、ロンドンなど)
でも、・・・やっぱり江南園の味はあそこでしか出せなかったでしょうね~
長崎にいくしかないですね~残念ですが・・・
江南園の大将の浅黒くて小柄で屈託のない笑顔とタオル鉢巻きとリストバンドはいまでも脳裏に焼き付いています。もう一回食べれたら・・・泣くだろうなぁ・・・

20年前って何食べてたかなあ

ランチでよく行ったのは三越裏の今は「銀次郎」になっているところにあった中華料理屋さんのランチ(名前は確か楼蘭だったような)
お櫃に入ったご飯が食べ放題だったんだよなあ。
にしきそばさん久しく行ってません。白い色のお蕎麦にちょっとびっくりしたのを思い出します。

そうですか・・・残念(涙)
じゃあ、いまから長崎行ってきます。。。
ってくらい口が『江南園』です。

ボクも大将の笑顔好きでした。
銀行スパっと辞めて、チャンポン屋始めちゃうってカッコ良いなぁって思ってました。
オジイチャンになっても、この人みたいにGパンにブーツ履いてバイクに乗ってたいなって。

Re: 20年前って何食べてたかなあ

> にしきそばさん久しく行ってません。白い色のお蕎麦にちょっとびっくりしたのを思い出します。
確かにっ!自分もそうです。
蕎麦ってグレーっぽい色合いをイメージするんですけど。
更科の蕎麦って白いんですよね~

自分はにしきそばさんのざるそばも大好きですね~
でも・・・・
どこの蕎麦も美味しくいただけます。○○吉のも美味しいと思っちゃう・・・
蕎麦に関しても甘南備は味音痴なのかもしれません。
だって、どこの蕎麦もおいしいんですもん。

Re: 江南園を懐かしむ~

江南園ってなんで無くなっちゃったんだろう?って思います。
人気あったし、美味しかったのになぁ・・・

ある日、久しぶりにチャンポン食べよう!って思ったら、
あれ~お店ないよ~って状態おだったんですよね~

もう10年以上経ちますね~

懐かしいなぁ・・・思い出補正かかってるかもしれませんが、
ホントにホントに美味しかったですね~

にしんそば

今から40年前、当時大学1回生の私は先輩に連れられてそば吉へ、そこで食べたにしん蕎麦のにしんは何と丼からはみ出す大きさでした。
蕎麦屋へ行ったのも初めてならば、にしん蕎麦も初めての体験でびっくりした事を思い出します。

Re: にしんそば (そうだったんですか!)

moscatさんコメントありがとうございます。

> 今から40年前、当時大学1回生の私は先輩に連れられてそば吉へ、
そこで食べたにしん蕎麦のにしんは何と丼からはみ出す大きさでした。

そうだったんですか!40年前からそば吉さんではメニューにあったんですね!
自分の記憶は23~4年前程度ですから、それはすごいです。昭和45年ごろって事ですね。
はたして、その頃「にしきそば」さんが存在していたかどうか確認とってませんので、
どちらが「松山にしんそばお初店」なのか自分にはわからなくなりました!
にしきそばの娘さんのコメントからだと、にしきそばがお初ってことになりますが、
昭和45年当時ににしきそばさんが無かったら、そば吉さんがお初ってことですよね!
うおおおぉ!!すごいです!情報を補完していただきました!ありがとうございます。
今度、にしきそばさんに行く機会があったら「いつごろから創業ですか?」って聞いてみます。
本当にありがとうございます。

> 蕎麦屋へ行ったのも初めてならば、にしん蕎麦も初めての体験でびっくりした事を思い出します。
こうやって、諸先輩方の話をじかに聞けるって・・・
ネットってすごいなぁ~って思います。

本当にありがとうございます。実は甘南備は昔話を聞くのがとても好きなヤツでして。
(周りからはちょっと変に思われてますが・・笑)
南町の県民文化会館前、親和観光の土地、現駐車場に
グランドキャバレー「パレス」ってのがあったらしくって。
当時はセスナ機がマイクで宣伝していたらしいのですが、40歳台の自分は行った事がないのです。
っていうか、社会人になったときにはもう無かったし・・・
あと「銀馬車」とかどんなお店だったんだろう?ってすごく気になります。
昭和の時代には楽しそうなお店があったんだなぁ・・・って。
よろしかったら、また、いろいろと教えてください。宜しくお願いいたします。
うどんの「としだ」とか、ディスコの「ラフキャバン」とか
親和観光系のお店とか、ロココ系の「ロココ」とか「都」とか・・
今は無いお店の事を語って懐かしむのって楽しいんですよね~そう温故知新なんです!
moscatさん本当にコメありがとうございました。また、是非お願いいたします。
ミニブログ
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。