スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘将!拉麺男(ラーメンマン)に助けられたので・・・・

なんか、ラーメンが食べたくなりました。

じつは、「かめや」の肉うどんと迷ったんですけどね、
トウッ!と現れる、ベンパツしているラーメンマンの姿が頭をよぎりまして、
ふら~っとラーメン屋さんに入ったんです。


ラーメンマン 1
ラーメンマン 2


それが、キスケBOX内にあります、「ラーメン おが多」さんです。
もともとおが多さんは焼鳥屋さんのようですね。
伊予市下吾川にあるようです。
そのあたりのヒストリーについては詳しくありません。また、誰かに聞いてみようっと。

たべログ おが多キスケBOX店



さて、では元気いっぱいの「おが多」さん、いってみよう!

おいーーーーっす!(いかりや風に)
チャーシュー麺いっちょーぅ!(これもドリフのいかりや風に注文してみます。)
しかし、相手にはしてもらえません、真剣にラーメンつくってます。(そりゃそうだ!)


元気にやる気ですもんね!ボウリングの音にもゲーセンの音にもパチンコの音にも負けてません。
すぐ横のゲーセンのマシンには負けてました。(笑)だって、めちゃめちゃうるさいんですもん。
ハァ~とかトォー!とかなんとか、とにかくうるさいです。ラーメン食べながらビクッ!ってします。
暖簾をくぐれば、即カウンターと椅子です。あれ?なんか違和感が・・・
そう、店舗内の店舗なのでドアとかないんです。なんかあれっ?という感じがします。
いつもは暖簾をくぐってガラガラ~ピシャン!なのに、ここでは暖簾をくぐったらすぐ着席なんですよね。
大阪、梅田の地下街にある立ち飲み居酒屋を思い出しました。あれは、椅子すらないですけどね。あはは。

おがた 1



さて、メニューです。大きく分けて醤油と塩そしてご飯ものの3つに分けられます。
それぞれに中盛り、チャーシュー、ねぎ、など量やトッピングでのバリエーションがあります。

おがた 3



ブロガー諸先輩方によるとミンチあんかけごはんがリーズナブルで良いとのことでした。

おがた 4



麺は一人前毎にビニールに入っているようでした、ビニールの口は赤いテープで止められていました。
と、いうことはこの麺は工場製だと思います。
おや、ずん胴のお湯がずいぶんと茶色いなぁ~と思っていたんです。
麺をいっぱい茹でたのでこんな色になったのかなぁ・・・あらまぁ・・・などと観察しておりましたら、
違いました。あれは、大量のモヤシを茹でていたのでした。それであんな色合いになっていたのでした。
じゃ、麺は?と思っていたら、もうひとつのずん胴でお湯を沸かしていて、それを入れ替えて茹でるようでした。茹でたモヤシは全部すくって、茹で終わったお湯は床にザパーーッと流していました。
床にアミアミの蓋あって、下水につながっているのでしょう。厨房全体がシンクみたいですね、清潔です。

おがた 2


カウンターの小物達です。いたってシンプルです。
博多ラーメンのように紅ショウガや辛し高菜、キムチなどはありません。

おがた 5



白い陶器にはトウガラシが入っているのかと思いきや、なんと、すりおろしにんにくでした。
う~ん、醤油ラーメンや塩ラーメンには・・・・・ああ、焼豚丼には合うかも!

おがた 6


カウンターの缶のツインタワーはコショウでした。
一つは最近TVCMまではじめちゃったGABAN、あらびき黒コショウです。
初めて見たのはラーメンショップでしたが、ウマサに感動した思いでがあります。
じゃ、もひとつはなんだ?
ホワイトペッパーでした。両方をスープに入れてみて食べ比べてみました。
個人的には「おが多」さんのようなあっさり系のスープにはホワイトペッパーの方が合うのではないかと思います。あくまで個人的感想です。

おがた 7



さて、本題のラーメンです。本日はチャーシューメンをオーダー
諸先輩方のブログによると「ここのチャーシューは喰っとけ!」だったので教えに従いました。
しかし、ねぎたっぷりです。別にねぎ大盛りにしたわけではありません。ノーマルです。
こんなにねぎが乗っていると、以前二番町の但馬の2軒隣のビル1Fの一番奥にあったうどん屋さん「瓢月」のウラメニュー「ねぎうどん」を思い出します。
ふつうの素うどんにどんぶり一面ねぎだらけでうどんを食べているのかねぎをダシでくっているのかわからないうどんがありましたが、それを思いおこします。そういえば「瓢月」さんもりっぱなうどん屋さんになりましたもんね~今月の自分のTo eat listに載りました。(笑)

おがた 8


ウホッ!!よかチャーシューばい!
てらてらのテカリ感が唾液腺を刺激します。梅干しとは違う分泌感です。じわーーです。
胃袋が準備運動を始めました。

おがた 9



ちょっと小ぶりのチャーシューですが、ホントに美味しいと思います。こりゃご飯に乗せて食べるのもわかるなぁ!次回は焼豚丼にチャレンジしたいですね。
オリジンが焼鳥屋さんなだけに焼き系には一日の長があるようです。

おがた 10



そしてメン、メンメンメーーン!
う~ん、柔らかい気がします。シコシコ感や歯ごたえ感はやや弱い。
その代り、もっちり感やずっしり感はありますね。
で、この麺の弱点を克服するために入れられていると思われる「もやし」や「きくらげ」と一緒にたべると、
もやしのシャキシャキ感、きくらげのコリコリ感がプラスされこの麺の弱点をカバーしているように思うのです。
ゆえに、もやし、きくらげとも割と多めに入っているように思います。
メンはこれらと一緒に食べたほうがよいように甘南備は思うのです。

おがた 11

甘南備が「おが多」でいつも失敗すること。
それは、あわてて食べるのでネギが気管支の方にはいってしまい、ネギ咳きこみをしてしまうことです。
吸い込むように食べる癖があって、そのせいだろうとは思うのですが。
食べるとほぼ毎回ネギ咳こみを起こします。
それだけなら、まだしも、ネギ咳きこみをすると、必ずネギが鼻腔のほうまで行ってしまいます。
これがけっこうツライのです。
皆様くれぐれも「おが多」のラーメンはあわてずに落ちついて食べましょう。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うまそう

ここのチャーシューが旨いのは想像の範囲でしたが、ネギギャンのラーメンの迫力には圧倒されました。
ここにあるのは知っていましたが、あの暖簾はくぐった事がありませんでした。
うまそうです。
そして、うまそうはジムシーのペット兼友人ですv-16

あざーっす

コメ、あざーっす!
ここは、遊びに行ったついでに食べることはあっても、「おが多」を目指していくことは少ないですもんね。ちょっと特殊な店舗だと思います。
ちょっと現実世界に疲れた時にボウリング場横の漫画カフェで一晩中漫画を読んだりするときにここで腹ごしらえして行ったりします。マンキツ(漫画喫茶の略)で漫画を満喫です。そしてキスケのマンガカフェでは(アイカフェといいます)飲み放題のコーヒーと食べ放題のソフトクリームをパクつきながら漫画を徹夜で読むのです。 う~ん不健康だ!
さて、未来少年コナンはアニメ史に残る不朽の名作です。宮崎駿はすごいです。
コナンで使ったシーンがその後の宮崎アニメにフラッシュバックのように使われています。
例えば、コナンがラナをインダストリアの建物から救出する際、壁を駆け上がりますが、これはカリオストロの城でもルパンが似たようなことをやってましたし、ギガントは風の谷のナウシカでも空を飛んでましたね。
小さい頃わくわくしながらNHKを観たものです。それにしてもモンスリーは怖いおねいさんでしたが、甘南備は好きでした。
あれ?極上のMだからかなぁ・・・
ミニブログ
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。