FC2ブログ

「愛媛県歴史文化博物館」に行きました。愛媛県民なら絶対行くべきですよ。間違いないっ!!パート1

「愛媛県歴史文化博物館」に行きました。
新居浜の愛媛県総合科学博物館と並んで、愛媛県が誇る博物館の双璧です。(笑)
いや、マジで。
ここは愛媛県民なら絶対訪れておくべき博物館です。必須ですね。
愛媛県の歴史がギュギュギュ~っと詰まった、とんでもない博物館です。

お金を出したのは確かに県かもしれませんが、
これ、展示物を作った方、展示物を提供された方、貸与された方、そして何より
展示の企画立案、情報の整理、説明などなど、実際の博物館の立ち上げ、
運営に携わっていらっしゃる方々の情熱と苦労を考えると、感動で胸が震えます。
中心的には学芸員の方がなされているんでしょうが、ホントに感心します。
甘南備はもう4~5回ぐらいお邪魔してるんですが、何回行っても勉強になります。
っていうか、ココで合宿して隅々までじっくり見て回りたいです。(笑)
まぁ3日ぐらいは時間を掛けたいところですが、現実には無理なので、
今回も駆け足での見学となりました。

http://www.i-rekihaku.jp/index.html

愛媛県歴史文化博物館のホームページ


何度も強調して申し訳ないんですが・・・

ここはイイっ!!スバラシイ! 

外観です。うん立派~!ワクワクします。

歴文1


入口には愛媛県のマーク(県章)が入っていますね。

歴文2


旧愛媛県章、1973年、時の県知事、白石春樹さんによって制定。
オーソドックスな県章ですね。昭和っぽいです。甘南備は好きですよこんなデザイン。

マーク2


現愛媛県章、1989年、11月1日時の県知事、伊賀貞雪さんによって制定。(おっ、今日じゃん)
県章の配色は赤が太陽と県花・ミカン、緑が石鎚山に代表される自然の恵み、
青が瀬戸内海の恩恵を表し「県民の健康で明るい未来」をイメージしている。のだそうです。

マーク1

そして、現在はこれらの県章もほとんど使用されなくなってしまった。らしい・・・
歴史文化博物館ですからね!(笑)
いろんな歴史に興味を持ちましょう。(爆) 
権力闘争って恐い・・・ガクガクブルブル・・・(笑)




さて、当日は特別展として、水木しげるさんの作品展示がありました。
「ゲゲゲの女房」が大ヒットしましたもんね~
これは、鬼太郎ハウス。

歴文3


天井には一反木綿が泳いでいました。

歴文4


さて、ここから、常設展。
こちらは縄文時代のお家、あ、奥のパネルは妖怪さんです。
ええ、鬼太郎フェアですから~~
手前は4歳児がオママゴトしてます。どんぐり~~
この頃の主食は木の実だったようですね。

歴文5


弥生~平安
屋根は藁ぶきなんですね~

歴文6


もう稲作始まってますので、コメ~です。

歴文7


台所です。

歴文8


愛媛と言えば・・・村上水軍!
水軍といえば、船!エンジンなんて付いてませんからね。
手漕ぎです、がんばっていきまっしょい。

歴文9


江戸時代の松山市の模型です。
う~んと・・・・我が家はどこ~~

歴文10


江戸時代の内子セレブのお宅拝見!

歴文12


壁は漆喰ですね~

歴文11


商品の反物も地味系です。江戸時代ですから~(笑)

歴文13


かまどですね。換気が悪かったら煙たかったでしょうね~
でも、ご飯は美味しかったろうなぁ・・・

歴文14


伊予八藩の印鑑、藩印です。
八藩って・・・愛媛には藩が八つあったらしいです。
松山藩、今治藩、西條藩、大洲藩、宇和島藩、吉田藩、小松藩、新谷藩・・
新谷藩って・・・・大洲藩の加藤さんが弟に1万石を分けて分家した藩。
江戸時代って藩をガンガン取りつぶしたのによく許してもらったなぁと思います。
大洲藩の加藤家って実は世渡り上手だったのかも。

歴文15

川之江や土居、伊予三島ってどこの藩だったんでしょうか?
気になります、まさか?天領?
ありました!川之江藩・・・え?6年で廃藩・・・あとは幕府直轄ですか・・・
「川之江藩の歴史」
 1636年(寛永13年)に、一柳直家が父の遺領のうち川之江2万8600石が与えられ、中世川之江城のあった城山の麓に陣屋を置いた。その後、1642年(寛永19年)に直家が病死するが、直家自身には嫡子がおらず、娘婿の直次を養子としたが、末期養子とされ大きく減封され播磨国小野に1万石で移された。藩の領地は江戸幕府に没収され幕領となり、川之江藩はわずか6年で消滅した。
 直家は中世川之江城のあった城山に城を築きたかったが、寛永の飢饉などで時期が悪く志を得ないうちに死去し川之江藩は廃藩となった。
 その後陣屋は規模が半分に縮小され、幕府直轄代官陣屋として利用された。
「四国の城郭探訪さんより転載」
http://blogs.yahoo.co.jp/gpz900ninjaa12/58458153.html
川之江藩について・・
愛媛銀行川之江支店の前に城郭跡があるそうです。




さあ、昭和ですよ~

蚊帳(かや)・・・甘南備家も吊ってましたね~
でも、蚊帳の中に蚊が入ってしまうと、大騒動です。(爆)

歴文16


晩御飯ですね~
真ん中の一家の主の所だけお銚子があったり、ご飯が大盛りだったりします。

歴文17


こっちは山の家だったかな?
囲炉裏も畳もあります。

歴文18


台所です。木製ですが、だんだんシステムキッチン化していってますね。

歴文19



まだまだ、いろんな発見があって、この博物館は飽きませんね~
ほんと楽しいです。
さて、次回も愛媛県歴史文化博物館の続きです。
次回は動画出せるかな~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ごきげんよう(^0^)
昨日はお疲れ様でしたm(_ _)m

愛媛県行政に関しては曰く有り過ぎてフォーマルでは"peee音"炸裂なんですがモハヤ現県政も替わろうかという時ではあるので一くさり
白石春樹
http://ja.wikipedia.org/wiki/白石春樹
"県民文化会館"現"ひめぎんホール"沿い道路は別称"お妾通り"といい白石知事の"お妾さん"が棲んでおりで、通い易いように通りを作ったとか!?
写真週刊誌に撮られ県職員が買い占めさせられたとか・・・
http://j-yamamoto.cocolog-nifty.com/hokoku/2009/04/post-c7c1.html

また愛媛憲章は白石春樹県政の下制定、ケンミンの間では愛媛の"え"ではなく、どう見ても”白石”をデフォルメしたものに違いないとの異聞が・・・
当時おいらもそう思ってたら
時下って白石知事県政下出納長⇒副知事で禅譲あった伊賀貞雪県政の下、
http://ja.wikipedia.org/wiki/伊賀貞雪
http://ja.wikipedia.org/wiki/愛媛県章
ナニゲニ怪しい行政を多々見せ付けられ我々愛媛県民は少しは利口になっていくのでは有るけれどもともと事なかれ主義の県民性の意識レベルが低すぎて現在に至っているということです(^_^;)

懐かしいかんじ

私が物心ついたか、つかないかの頃の、ばーちゃん家はこんな感じでした。
風呂は薪で五右衛門風呂。
釜戸はあったけど、ガスの炊飯器だったかな?
土間はこんな感じで、倉庫の中の梅酒の梅をたくさん食べて酔っ払ったのを思い出します!(^^)!

いいですよねえ

この博物館は企画展も面白いので、
「何回も行ったよー」
という家族の意見を無視して年に1回は行ってしまいます。
前に行ったときは東海道53次の浮世絵の展示をしていて実際に多色刷りで簡単な絵を印刷する体験をさせてもらいました。
ここに行って松屋旅館の広間でひゅうが飯食べてくつろいで帰るというのがセットになってます。

Re:こんにちわ~

現知事さんは県マークはお嫌いなようで県のホームページなどにも用いられてないようです。
まぁ、いいんですけどね~
県の公舎や土地を売却されて、県の赤字を少しでも圧縮されたことは大変素晴らしいと思います。
新知事さんにはさらなる期待をしたいですね~
知事さんの公用車、運転手付きの「センチュリー」は止めた方がいいんじゃないかなと思います。
街中で見るたび「あ、知事さんの車や~エコじゃないよね~」と思ってしまいます。
プリウスかレクサスにしたほうがいいんじゃないかな~

白石vs中村の怨念が息子の代で昇華するのでしょうか・・・
あれ?我が国の政治家って世襲制だっけ?(笑)
県民文化会館vsコミセン
県立図書館vsコミセン図書館
松山城vs市民の森
施設が多いのはありがたい話なのですが・・・・
やっぱり、無駄は省かないといけませんね。新知事、新市長に期待したいです。

Re: 懐かしいかんじ

薪での五右衛門風呂は下駄を履いて入ってましたか?
それとも、スノコを浮かべて、その上から入ってましたか?
甘南備のばーちゃん家はスノコタイプでした。
ちょっとでもスノコから外れると火傷しそうでしたよ~

ご飯は釜で炊いてました、まず藁を燃やして、薪に火を移して・・
ご飯炊くだけでスゴイ時間かかっていた気がします。

昔のヒトは偉かった!!

Re: いいですよねえ

おおおぉ!ココにも愛媛県歴史文化博物館のファンの方がいらっしゃいましたか!

この施設の学芸員の方って、ものすごく努力をされている気がするんですよね~
やる気があふれている気がします。
そんなパワーを感じるのも、この施設へ行きたい動機なのかもしれません。
ひゅうが飯ですね!次回は行きます。ありがとうございました。
次回は宇和島まで行って「菊屋」のちゃんぽん!って考えてたんですが、
ひゅうが飯!いいですね~(笑)
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード