FC2ブログ

島田酒造さんにおじゃましてきました。

東温市重信町志津川にあります、島田酒造さんにおじゃましてみました。

先日の東温日帰り小旅行の続きです。(いや、仕事やって!ぷっ、笑!)

なんで、島田酒造さんに行ったのか。
それは、甘南備お気に入りのお酒を造ってらっしゃる造り酒屋さんだからです。

お気に入りの愛媛の地酒はいっぱいあります。それも、思い出と共にあります。
社会人になって初めての接待、割烹「桃李花」(とうりか)さんで出されたお酒は
雪雀酒造さんの「話せばわかる」現在は「超辛・話せばわかる」でした。
営業マンとして緊張の初接待、ガチガチの中、なぜか日本酒が美味しくて
ぐいぐい飲んだ記憶があります。緊張してるとあんまり酔わないもんですね。
それから、良く飲むヤツって思われて、接待的には成功だったんですけど、その後
「おう!来たか!飲め飲め!!」って言われるのはツラかったなぁ~・・

島田酒造さんの「小富士・超辛口」は、営業先の部長さんから勧められたお酒。
一発で大ファンになりました!年末に売り切れてて、どうしても飲みたくて、
松山のじゅうの酒屋さんに電話しまくった事あります。

東予の武田酒造さんの「日本心」自分の結婚で嫁の実家に結納で持って行ったお酒。
その時、赤漆塗の角樽は「日本心」しか手に入らなかったんですよ!
でも、飲んでくれた義理の父は「おいしい」と言ってくれましたけどね。

協和酒造さんの「初雪杯」と佐々木酒造さんの「八重菊」、砥部町と広田村の酒屋さん。
外回りの営業の時、さぼって見学に行ったりしてました。(笑)
松山で取れた酒米「松山三井」を使っていたりで美味しいんですよ。
特に協和酒造さん(蔵元酒造さん)は県外からのお客様がいらっしゃった時には、
砥部焼伝統産業会館とセットで訪問しますね。


さあ、「小富士・超辛口」の島田酒造さんにつきましたよ、ウキウキ!
あつーーーい、夏にキーーーンと冷やして飲むにはもってこいのお酒。
ザ・ベスト・オブ・夏場の日本酒No1ですね。(うん!異論は認めないっ!笑)



島田酒造さん玄関の看板です。

島田1


歴史を感じる店内ですね。
昔はここでよく販売されていたんでしょうね~
壁の時計が刻んだ時間の長さを物語っています。

島田2



棚の上に商品が陳列されてます。
まんま売り物です。(笑)

島田3


商品拡大!

島田7


島田5


島田6


島田酒造の「おかあさん」に会いました。
甘「あの~写真撮らせてもらってもいいですか?」
甘「私、小富士・超辛口の大ファンなんです。」
母「ええ、ええ、ええですよ~」
母「ウチは家族経営やからね~、細々と、でも一生懸命やってますよ。」(にっこり!)

その、一生懸命さが、美味しいお酒の秘密のようです。(うんうん!)
タンクの中に原酒が入っているようです。

島田11


瓶詰めした後、殺菌消毒するようです。

島田8


小富士・超辛口がお湯に浸かってました。

島田9


消毒後は冷水へザッパーーン!

島田10


お風呂上がりの後は、美人のおねいさんに体を拭き拭きしてもらって、
銀紙で頭をデコレートしてもらいます。

島田12

そのあと、一本一本、ラベルを手貼りです。
専用の木の台に置いて、ラベルの位置を確認して手際よく貼られていきます。

島田13

最後は白無垢の不織布で全身を包まれて、お嫁いりを待つばかりです。


この子はウチに来てくれた。小富士・超辛口ちゃん。

島田14


日本酒度+12度です。チョーー辛口のツンデレちゃんです。(笑)
しかも、「さわやかな味」です。

島田15


「限定品」ですから~このラベルも手貼りで貼られてんだと思うと
なんか、ありがたみがあります。

島田16

飲み口はさわやかです。
良く冷えていると、まるでミネラルウォーターを飲んでいるかのようです。
そこが、またツンデレ!すぐ空いちゃいました~
甘く見ていると、酔っぱらってしまいます。
暑い夏場には素晴らしく合う日本酒ですね。



さて、もう一品オススメされたので、ウチに嫁入り!
小富士・貴醸酒  これは、ある意味超辛口の対極にあるお酒。
古酒、仕込み水の代わりに大吟醸酒を使うなんて、何という贅沢な一品。

島田17


島田酒造の方から
「食前酒にされるのが良いですよ、甘いですから・・・」
「それと、ロックでお飲み頂いた方が良いと思います」と教えていただきます。
なるほど、超辛口に超甘口なのね~

島田18


贅沢なお酒なので、鍋島焼のグラスにロックで入れてみました。
琥珀色をしている、何とも不思議な日本酒です。

島田19

その味は・・・ん~~~なんだろう、お酒なんだけど甘い。
香りも豊か・・・・
んーーーーあ! アルコールの入っている「さらっとした甘酒」です。そんな感じ。

お気に入りのお酒を造っている「島田酒造」さん。
これからも美味しいお酒を造り続けてください、宜しくお願いいたします。



愛媛県地酒一覧のページ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

私も大好き

島田酒造さんはホームページも無い(たぶん)し、会社の前も時々通るので大きな酒蔵でないことは知っておりましたが、まさかここまで手作業だったとは・・・
でも、いいカンジですね。

Re: 私も大好き

> 島田酒造さんはホームページも無い(たぶん)し、会社の前も時々通るので大きな酒蔵でないことは知っておりましたが、まさかここまで手作業だったとは・・・
> でも、いいカンジですね。

でしょ、でしょ!
家内制手工業って感じで良かったですよ!
造られているところを見せていただくと
より一層、愛着が湧くんですよね~
超辛口!これからも飲み続けたい愛媛の銘酒だと思います。

飲んでみたい~!

はじめましてm(..)m
友達に島田酒造さんの小富士がとっても美味しい!と
教えてもらい調べていたら甘南備さんのblogにたどり着きました。

とっても詳しく書いていらしたので、引き込まれ、思わずコメントさせていただきました。。

ぜひ、私も飲んでみたいと思います!
広島では手に入らないかしら。。

Re: 飲んでみたい~!

MIWAさんコメントありがとうございます。

古いブログで、まだ携帯のカメラの画素数が少ない頃の写真なので、
お見苦しい写真ばかりだったと思います。申し訳ございません。

写真はアレですが、島田酒造さんの小冨士はスッキリとした飲み口で
特に魚料理に合うと思います。
広島の牡蠣に合わせたらバッチリじゃないでしょうか。

個人的には焼きカキにも、土手鍋にも合うと思います。
広島と愛媛のコラボ、是非お試しください!!!

ちなみに楽天市場で島田酒造さんの超辛口、在庫有りました。
価格も手ごろだと思います。
愛のある愛媛の逸品をぜひお買い求めくださいマセ~~~!
(なんか、セールスマンみたいだ・・・・爆!)
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード