スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台北」さんに行ってきました。

中華料理で松山人の心のふるさとと言えば、
多くの方が閉店した「泰平楽」を挙げると思います。

ネイティブマツヤマンの友人K君とお酒を飲むとよく「泰平楽」の話を伺います。
彼にとっては、子供のころ家族と食事に行った思い出、
中高生時代に友達と行った思い出が鮮明にあるようです。
まさに、ネイティブマツヤマン思い出の中華です。

その「泰平楽」の流れをくむのが「台北」さんらしいのです。
ネイティブ代表のZio師匠によると
泰平楽にて長年働かれていた方が台北さんをなされているとの事です。

つまり、松山の中華の心に触れるには
「台北」さんと「万寿」さんは外せないって~ことですね。(笑)


さあ、「台北」さんに行きましょう!!


台北2


台北3


台北1


台北4


台北5


台北6


台北7


台北8


台北9


台北10


台北11


台北12


台北13


すごく、満足するランチです。
味も量もスバラシイ!

「泰平楽」行ってみたかったなぁ・・・・




勝手に松山ミシュラン 「台北」さんの記事 2007年12月

2007年の記事ではお店はまだ古かったようです。
改装されたようで、今はかなり綺麗な店舗になっています。
看板は、歴史を感じますね。

いつまでも、マツヤマンから愛される中華料理店でありつづけるでしょう。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

呼ばれました?

はーい、 なんか呼ばれたような気がしたのでお邪魔したら やっぱりそうだったんだ。

綺麗に改装されたんですね、 近いうちに行ってみます。 少し会社から遠いので 出前がたくさん入ると平日は厳しいんで なかなか行けなかったんですよ。 ここのタールー麺と万寿のタールー麺はぜんぜん別物なんですよ。 でも 万寿の大将も泰平楽出身だったんじゃないかと思うんだけど 不思議です。

Re: はい!お声掛けいたしました。

> はーい、 なんか呼ばれたような気がしたのでお邪魔したら やっぱりそうだったんだ。
zio師匠って超能力者なんかなぁ・・・すごい!
なんでわかるんやろ?
やっぱ五感が優れているヒトってシックスセンスがあるんやろか・・・・
なんておもっちゃいます。(笑)

ここのタールー麺と万寿のタールー麺はぜんぜん別物なんですよ。 でも 万寿の大将も泰平楽出身だったんじゃないかと思うんだけど 不思議です。

らしいですね~ikechanさんの記事見て知りました。
なんでなんだろう・・・・
青は藍より出でて・・・なんでしょうか?
自分ら若造は泰平楽の元味を知らないのでわかりません。
ああぁ、泰平楽に行ってみたかったなぁ・・・

昨日、松山ネイティブのK君から
「泰平楽のパラパラチャーハンに一番近いのは、明星苑(萱町6丁目)だよ。」
と、教えてもらったので、今度行ってみたいと思います。

改装したのですね!

私は呼ばれた気は全くしなかったのですが、リンク有り難うございますv-10
実はこの時以後行っていないのですが、店内も綺麗になったようで、近いうちランチでも。
街中でありながら、この値段とボリュームが長続きしている秘訣なのですね。
明星苑、未食なので、よーいドンv-26

Re: 改装したのですね!

> 私は呼ばれた気は全くしなかったのですが、リンク有り難うございますv-10
ぷっ(笑)いえいえ、勝手にリンクしちゃいました。あはは、すみません。
きっと電波障害が発生していたのでしょう。
Gの山が電波を遮断していたのだと思います。(笑)

確かに、この価格でこのボリュームと味なら何度もリピートしたくなります。


> 明星苑、未食なので、よーいドンv-26

えぇぇぇぇぇっ! ぎゃぼーーん! 急がねば! やばい!
先をこされてしまうぅぅぅぅ!
ミニブログ
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。