「寿浬庵」で・・・ その50

今回はキリ番なので、ちょっとマジメに。

寿理庵の魅力について考察してみます。


1、魚料理メインである。 :魚料理のお店はかなりあります。
2、魚が新鮮。 :魚屋併設の店はほかにもありますね。
3、量が多い。 :デカ盛りの店は松山にもありますね。
4、リーズナブルだ。 :お安いお店も多々ありますね。
5、メニューが豊富。 :メニュー多めの居酒屋さんはあります。
6、ドリンクの種類が豊富。 :たしかに、ここまでそろってるお店はそうないです。
7、いつもやってる。 :ほぼコンビニ並ですね、年末年始以外、たいがいあいてる。
8、15時かららってるよ。 :居酒屋で15時からやってるお店は、あんまり聞いたことないです。
9、美味しいよ。 :これは個人差がおおきいです、好みの問題もありますし。。。
10、激混み! :繁盛店の宿命です。

やっぱりいろいろ条件考えてみても、
これらすべてに該当してしまう寿理庵は・・
やっぱり恐るべし!なのです。


さらに、11番目として、
「寿理庵では大将の凶悪コース料理と格闘せよ!」
コース料理はお任せもお願いもできます。
その時の仕入れや漁の状況にもよりますが
誕生日なのでケーキをお願いしたことも、
ウナギを食べたい!ってお願いしたこともあります。

大将の料理に対するまっすぐな愛情が、
サバサンドやトマトまみれカッペリーニなど
居酒屋とは思えない創意工夫にあふれた珠玉の料理を産み出し。
どこまで出るんや、何人で食べると思ってるんだ!という料理の量が
お客様の胃袋をギブアップするまで満たしてあげたいという、
大将の憎らしいほどの激しい愛情を感じることができます。



寿浬庵20171107-1




寿浬庵20171107-2




寿浬庵20171107-3




寿浬庵20171107-4




寿浬庵20171107-5




寿浬庵20171107-6




寿浬庵20171107-7




寿浬庵20171107-8




寿浬庵20171107-9




寿浬庵20171107-10




寿浬庵20171107-11




寿浬庵20171107-12




寿浬庵20171107-13




寿浬庵20171107-14




寿浬庵20171107-15




そして今日も、戦いに敗れて、シャツのボタンははちきれんばかりになり、
立ち上がることもできずに、ぐったりしてしまうのです。


やはり、どう考えても、寿理庵は唯一無二の松山の名店なのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード