スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「寿浬庵」で食べたものを淡々とアップしてみる。その35

放出しないと、溜まる一方で・・・
え、写真がですよ!あと、煩悩も・・・(借金も・・・WW)


寿浬庵280218-1




寿浬庵280218-2




寿浬庵280218-3




寿浬庵280218-4




寿浬庵280218-5




寿浬庵280218-6




寿浬庵280218-7




寿浬庵280218-8




寿浬庵280218-9




寿浬庵280218-10




寿浬庵280218-12




寿浬庵280218-13




寿浬庵280218-14




寿浬庵280218-15




寿浬庵280218-16




寿浬庵280218-17




寿浬庵280218-18




寿浬庵280218-19




寿浬庵280218-20




寿浬庵280218-21




寿浬庵280218-22




寿浬庵280218-23




寿浬庵280218-24




寿浬庵280218-25




寿浬庵280218-26




寿浬庵280218-27





山丹正宗 金賞受賞酒(平成26年) 1800ml
杜氏・村上浩由渾身の力作です。
全国新酒鑑評会連続金賞受賞しました。
非常に華やかな香りなので、和食はもちろん、
ワインの代わりにフレンチに合わせてもお楽しみ頂けます。
■酒質・・・・大吟醸 原酒
■原料米・・・山田錦 (兵庫産)
■精米歩合・・35%
■日本酒度・・+3
■酸度・・・・1.0
■アルコール・17度
これ、一本壱萬八百円もするんですよね・・・たかっ!



上亀元 純米吟醸 亀の尾
■日本酒度  +4
■酸度   1.2 
■精米歩合 55% 
■アミノ酸  1.1
■容量  1800ml
■産地:山形県酒田市日吉町2-3-25
山形県酒田市「上喜元」の醸造元の酒田酒造は、わずか年間生産量が
900石(一升瓶で約90000本)を製造する蔵元です。
もともとは江戸末期創業の酒蔵が中心となって戦後昭和22年に
5社が合同になって再出発した蔵元です。
酒銘「上喜元」は上質な喜びを生む源になるという意味が込められています。
再出発後、合併した蔵元が代々経営を行ってきましたが、
平成10年より平田出身で長らく造りを指揮してきた
佐藤正一杜氏が社長を兼務しております。
美味しい酒を醸すために、自然の乳酸菌などを育成、
それが生み出す天然の乳酸で雑菌を退治していく「生もと(きもと)」
という酒母造りにこだわった、頑固なまでに妥協を許さない
昔ながらの手造りを続けている蔵元です。
生もとで醸した酒は奥が深く厚みがあり、
それでいてさわやかな独特の風味があるのが特徴です。
吟醸酒造りでは定評があり、
昭和49年農大品評会でのダイヤモンド賞に始まり、
全国新酒鑑評会におきましても金賞受賞が10回にも及びます。
「亀の尾」発祥の地、山形県。
上喜元の佐藤さんがこの『亀の尾』で仕込むとこんな素晴らしいお酒になります。
しっかりとした酸味と飲み口の良さが食中酒に最適です。
1回火入れして送って頂いております。


鶴齢 特別純米酒 山田錦55% 超ひやおろし
全国でも限られた特約店のみに蔵出しされる
限定醸造の純米無濾過シリーズは、
従来の新潟清酒にあった淡麗辛口のイメージとは一線を画し、
米の旨みを存分に引き出した力強い濃厚な味わいを特徴とする
鶴齢の人気シリーズです。
秋の風物詩「ひやおろし」は、鶴齢らしい米本来の旨味を引き出した
濃厚旨口で表現するこの時期だけの味わいです。
原料米には、酒米の王様「山田錦」を全量に使用し55%まで磨き上げ、
協会7号酵母と地元の霊峰「巻機山」 の伏流水にて仕込まれた
特別純米の原酒をわずかに加水し、
一度だけ瓶燗火入れを行って、夏の間静かに寝かせています。
山田錦の旨味を引き出したしっかりとしたボリュームと円やかな熟成感、
味に深みがあり、柔らかい旨味と酸が調和する、
味乗りたっぷりの申し分ない仕上がりです。
秋あがりした芳醇な味わいは、フレッシュでインパクトの強い生原酒とは
ひと味違った旨味がご堪能いただけます。
鶴齢の酒は、地元魚沼の食文化とリンクする濃い味の料理に良く合います。
さんまや秋鯖など、脂の乗った旬の食材とともに最高のひと時をお楽しみ下さい。

■原料米:山田錦
■精米歩合:55%
■日本酒度:-1.0
■酸度:1.5
■アミノ酸:1.2
■使用酵母:協会7号
■アルコール度:16~17
■発売:9月(年一回)




純米吟醸 生原酒 亀甲 花菱 (無濾過中取り)
埼玉の地酒・清水酒造の亀甲花菱、
亀甲花菱の無濾過中取り純米吟醸生原酒には、
原料米の違いで、美山錦、山田錦、雄町とあります。
日本酒の色は、黄緑っぽいきれいな色です。
日本酒の香りは、華やかに広がります。
口に含むと、軽く甘酸っぱいフルーティな含み香、、
それに覆いかぶさるかのように味わいたっぷりのうまみ、
しっかりとした酸味とほのかな甘みがボリュームいっぱいです。
口いっぱいに広がるボリューム感は、
亀甲花菱の無濾過生原酒らしいです。
上品な華やかさと圧倒的な味の広がりを併せ持つうまい日本酒です。
清水酒造は本当に小さな酒蔵です。でも小さな酒蔵だからこそ、
少人数で少量しか仕込めない日本酒だからこそ、
その造り手の思いが日本酒にびんびん伝わってきます。
清水社長自らが杜氏として仕込む新体制になり、
ますます個性豊かなお酒が期待されます。
原料米 美山錦 精米度 50%  アルコール度 17-18%




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミニブログ
最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。