FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供と二人きりの休日は・・・

家族に内緒で、ちょっと贅沢をします。WW

久米の「そらともり」さんで朝早くから温泉三昧。

お昼になったら、贅沢ランチ。

飯をたべたら、お昼寝して、また一風呂頂きます。



そらともり1




そらともり2



なんという、怠惰な休日でしょう・・・・

極楽です。WWW


スポンサーサイト

家族のお誕生日に道後へプチ旅行

松山市に住んでいるのに、道後へプチ旅行という・・・

ある意味、究極の贅沢をしてみました。WW

家族のお誕生日会をするってことで、一家でお泊り。




大和屋 1




大和屋2




大和屋3




大和屋4




大和屋5




大和屋6




大和屋7




大和屋8




大和屋9




いやぁ・・・贅沢しました。

何といっても、翌日の朝食の贅沢ぶりったら、なかったですね。

生まれてこのかた、一番贅沢な朝食だったのではないかと・・・・

美味しかったし・・・・大和屋の朝食はヤバイ!

それが一番印象に残りましたね(笑)








東道後のそらともり内「地の根」さんでお疲れさんの会。

ちょっと街からは離れますが・・・・
東道後のそらともり内「地の根」さんでお疲れさんの会。

まぁ・・・なんというか、ほとんど女子会なんですけどね・・・・



地の根1




地の根2




地の根3



ええ、今度は一人で休日に来たいです。
携帯電話をわざと家に忘れてから来たいですね。
バスと電車で・・・(笑)


ホグワーツ入寮

大阪のUSJにホグワーツが出来たらしいので、
マグルの分際ですが体験入寮してきました。っw




大食堂の「三本の箒」はマグル達で大人気です。

USJ1



ディスプレイも凝ってますし・・・

USJ2




ビールサーバーにも魔法が掛かっているようです。

USJ3



子供達はバタービールを。

USJ4




大人達は、フィッシュ&チップスにホグワーツビールで乾杯!

USJ5




チキンとスペアリブのセット。

USJ6




実は別注のスープが美味しかったという・・・(笑)


USJ7






そして、魔法の解けない甘南備は・・・・


禁断の「キティたんのお部屋」に潜入。

USJ8




ちょっと人生変わったかも・・・(笑)



追伸:キティラーの方から、キティちゃんの足が長いのはダメだと言われました。
可愛くないんだそうです。。。。


伊予の小京都、大洲の「うかい」を体験する。

友人の皆様のお誘いを受けて、大洲の「うかい」に行ってきました。

古来「船遊び」は娯楽のなかでも最上級に位置する贅沢な遊びらしいです。
平安時代は詩文や雅楽を楽しんだそうですし、ずっと宮中でも催されてますし、
織田信長は琵琶湖で楽しんだそうですし、江戸の大名さんは隅田川を
屋形船で埋め尽くしたんだそうです。

文化の先輩、中国においても舟遊びは古来からあるようです。

漢文に蘇軾の「赤壁賦」というのがあります。
友人を誘って長江の赤壁(三国志の赤壁とは少し場所が違う)で
徹夜で飲酒・船遊びをしたようすを賦(文章の形式)にしたものです。

壬戌之秋、七月既望、  
蘇子與客泛舟、      
遊於赤壁之下。      
清風徐来、水波不興。   
挙酒属客、          
誦明月之詩、歌窈窕之章。

壬戌(じんじゅつ)の秋、七月既望(きぼう)、
蘇子 客と舟を泛(うか)べて、
赤壁の下に遊ぶ。
清風 徐(おもむろ)に来りて、水波興らず。
酒を挙げて客に属(すす)め、
明月の詩を誦し、窈窕の章を歌う。

宋の元豊五年(1082)旧暦七月十六日夜、蘇軾が明月の下、
客人と舟遊びして、覇を競って赤壁で大激戦をした魏の曹操や
呉の周瑜の栄枯盛衰を偲びつつ、自分のはかない身の上を嘆き、
無限の大自然の前では限り有る命しか持ち得ない人間は、
英雄も流人も何等選ぶところが無い、儚いものであることを悟り、
虚心に明月と長江の清風とを楽しみ、憂いを忘れた、
という感慨を述べた名文だそうです。


で、今度は、酒飲み李白ちゃん。

静夜思
牀前看月光 (牀前月光を看る)
疑是地上霜 (疑うらくは是れ地上の霜かと)  
挙頭望山月 (頭を挙げては山月を望み)
低頭思故郷 (頭を低たれては故郷を思う)

寝台の前に月光が差している。
まるで地表を霜が覆っているかと見まがうほどだ。
頭を上げて山ぎわにかかる月を見ていると、
だんだん頭が垂れてきて 気が付くと故郷のことをしみじみ思っていた。


五言絶句の静夜思で有名な唐の時代(西暦700年ごろ)の
詩仙「李白」さんなどは西暦762年に
船遊び中、酒によって、水面に浮かんだ月を捕まえようとして
河におちて溺れて亡くなっちゃってますから~~。
どんだけ船遊び好き!!




うかい1




うかい2




うかい3




うかい4




うかい5




うかい6




うかい7




うかい8




うかい9




うかい10




うかい11




うかい12

甘南備も李白先生にならって五言絶句を・・・

大食思
飲前看水面 (飲む前水面を看る)
疑是天上星 (疑うらくは是れ天上の星かと)  
挙頭望山城 (頭を挙げては大洲城を望み)
低頭思弁当 (頭を低たれてはご飯を思う)

酒を飲む前に光が差している水面をみる。
まるで天上の銀河が降りてきたのかと見まがうほどだ。
頭を上げて山ぎわの大洲城を見ていると、
だんだん頭が垂れてきて 気が付くと食べてしまった
弁当のことをしみじみ思っていた。美味しかったなぁ・・・

絶句するほど、食いしん坊~~~!(笑)


この日は13人で貸し切り乗船しました。
船代がだいたい一人2000円ぐらい、お弁当が3000円
飲み物は、飲んだ分だけ~~~

ざっと、ひとり6000円~7000円ぐらいで優雅な船遊びが堪能できます。

漢詩や和歌、俳句や川柳を詠むのもよし、
お唄を歌うのもアリ!みんなで歓談するのもまた楽し!!

今回は大人の遊びを堪能いたしました。あ~~楽しかった。
っていうか、川面の風がとても心地よく、うたたねしたくなりました。


大人のたしなみとして、一度は大洲の「うかい」に行っておくべきだと
僕は、そう、思います。
貸し切らないタイプのリーズナブルな乗合乗船もありますし、
歴史と文化の娯楽の王様、大洲の「うかい」を是非!!
「是非も無し!!」 
いえいえいえ、信長様、是非!でございますよ。(笑)




最新記事
プロフィール

甘南備 (カンナビ)

Author:甘南備 (カンナビ)
独断と偏見と愛に満ちた地域ブログです。 日記、コラム、コピペ、写真、動画、なんでもあり。 ラテン系四国人、通称「カンナビ」が 発信する「だいじょうぶかぁ?」なブログ。

ん~~今日も満腹です。(爆!)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。